車を売る時に必要な書類一覧

車は下取りしてはいけません!中古車一括査定の方がお得な理由

MENU

査定する時に用意しておく書類

中古車の一括査定をして、買取業者をピックアップした後は、
実際に買取業者に行くか、自宅に来て貰って査定して貰います。

 

その際に用意しておく書類と、いよいよ愛車を売却する時では、
必要な書類が多少異なりますので、2つに分けてご紹介しますね。
その場になって書類が見つからない、紛失してしまっていた等で
慌てないで済むように、事前に用意しておきましょう。

 

まずは査定の時に用意しておく書類です。
A・車検証(自動車検査票)
ほとんどの方が車に常に保管されていると思います。
車に保管していない方は、罰金の対象ですので、すぐに探して下さいね。
もし紛失してしまった!という場合は管轄の運輸支局で再発行して貰えます。

 

B・自賠責保険証(自動車損害賠償責任保険証)
こちらも車検証と一緒に保管されている方がほとんどでしょう。
え?どこだったっけ?という方でどうしても見つからない場合は、
保険会社で再交付して貰えます。

 

とりあえず以上があれば大丈夫ですが、以下の書類もあれば
査定にも好印象な上、査定額のアップにもなります。

 

C・取扱説明書
D・保証書
E・点検記録簿
F・メンテナンスノート

 

また、書類以外にも
G・スペアキー
H・スペアタイア
I・純正部品(取り外している場合)

 

等もあれば、査定額のアップにつながります。

車を売却する時に用意しておく書類

さて、査定も済み、買取業者も決まったら、
実際に愛車を売却する手続きに入ります。

 

その際に必要な書類は以下の通りです。
A・車検証(自動車検査票)
B・自賠責保険証(自動車損害賠償責任保険証)

 

C・自動車納税証明書
前年に自動車税を納税した事を証明する書類です。
毎年5月に送られてきていますよね?
え?なにそれ?という方でどこにいったか分からない方は
運輸支局の自動車税事務所等で再発行して貰えます。
(車検証と地域によっては印鑑や身分証明書が必要な場合があります。
事前に必要なものを問い合わせてから行きましょう。)
軽自動車の場合は(市区町村発行の軽自動車税納税証明書)となります。
D・印鑑証明
有効期限があります。(発行から3ヶ月以内のもの)
市区町村の役場で発行して貰えます。200〜500円位手数料が掛かります。
E・実印
上記の印鑑証明で登録している印鑑です。
前回車を購入する時に使ったもので大丈夫です。
F・運転免許証
G・リサイクル券

紛失した場合は「自動車リサイクルシステム」のホームページ(http://www.jars.gr.jp/)
から代替書類が印刷できます。

 

車買取